卒業研究審査会

 2018年2月23日

卒業研究審査会が大講義室にて開催されました.1年間行ってきた卒業研究の成果を,満を持して発表です.

本研究室は最終セッションでの発表につき,じらされたものの,発表直前でも余裕の表情です.大内と東のいい構図があったのだけど,逆光になってしまったのが残念.

1番手,荒深.前日の発表練習後に大幅修正を加えたので,大丈夫かなと心配でしたが,しっかり自分のものにして発表していました.いつもながら,しっかり合わせてくるね.

2番手,大内.前日まで繰り返し繰り返し,自主練に励んでいました.発表では緊張感が漂いましたが,質疑応答もそつなくこなしました.

3番手,長屋.発表は練習通り.質疑応答にて,変化球の質問が投げられました.普通なら三振で倒れてもおかしくないところ,ファールでしのぎつつ,ちゃんとヒットを打ちました.

4番手,東.いざ発表となった際,前日の発表練習で直したはずのパワポ設定が戻っていて,本人も焦っていましたが,メンバー一同も同様に焦り,前でわちゃわちゃ.荒深の適切なジェスチャーにより何とかクリア.最後は,しっかり締めてくれました.

4人ともにとてもいい発表&質疑応答でした.お疲れ様でした!

ログイン